離婚する前に当時は大好きだった元夫と新婚周遊で南国に!

東京に住んでおる40年代バツイチママです。

以前、新婚見物で元夫とフィジー行ったときの話です。
成田から直行便で、フィジーのナンディインターナショナル飛行場まで約7暇ほどだったと思います。
6月に行ったのですが、航空機も白紙でエコノミーでも楽でした。

新婚見物であれば、欧州やハワイなどが世の常です。
どうしてマイナーなフィジーだったのかというと
①時差がない
②安かった
③週しか休日が取れなかった。

そんな理由でフィジーに決めました。

宿屋はヒルトンを選びました。
南国風な誕生で、宿屋の敷地が大きくガーデンになっているのでウォーキングもできて、クラブもあり相応しい宿屋でした。
天候も蒸し暑くないので、日陰にいればはなはだ快適で明かしやすかったです。

但し、困ったのは夜になると街頭がなく真っ暗になって仕舞うところ。
宿屋の外は何も無く、かえって「夜は恐ろしいので出掛けないで下さい」とコンサルタント様から言われていました。
住人も夜は危ないので出歩かないとか。
なので、夜は宿屋のバーで飲み込むか、ホールでまったり暮すくらいしかなかったです。
夜に出掛けたい場合は、パックで行かないと危険ですので注意してください。

昼間はウォーターアクティビティーがおススメです。
離島のパックに行けば、海は綺麗で魚も沢山います。
ただ、インフラが整っていないので、海の後のシャワーは水の出がひどく宿屋に帰ってからシャワーを浴びました。しかも、パラセーリングの予約をしていたのですが、突然インストラクターがいないので出来ないと言われ、一年中暇を無駄にしてしまいました。運気もあるというので、仕方ないですが・・・
でも、日本ではあまり見れないエメラルドグリーンの綺麗な海ですよ!

飯については、英領につきか、美味しくないです。
トラブルフードが多く、味付けはケチャップとマスタードばかりで、週その飯は辛かったです。
そのため、優秀でインスタントラーメンを購入して食べた局面、再び邦人は醤油味わいだわっと思いました(笑)

番外編ですが、我々が泊まった宿屋は幼い蛙が沢山いました。
蛙が大っ嫌いな我々は触発でしたね。

下、フィジー個人は暇やコミットメントにルーズな印象を受けました。現地人のガイト様も「フィジー時間だから時間はゆるゆる流れ出るし、軒並み暇を守らない」と言っていました。その魅了か、帰りの航空機は到着が2時間も遅れ、飛行場で何時間も待たされる状態になりました

新婚見物だった結果、それなりに楽しかったですが、新婚見物くらいケチらず違う場所にすればよかったと後悔している。まぁ日本にいると不都合に感じることはグングン多かったんでしょうね。

でも、そんなクライアントにはおススメです。

・安い金額でビーチリゾートに行きたいクライアント。
・夜間出歩かなくても適切クライアント
・トラブルフードが好きなクライアント。
こんなところでしょうか。

やっとフィジーに行くクライアントは、宿屋が重要だと思います。
たまたま私の泊まった宿屋はリゾート宿屋だったので、夜は散歩したりできましたが、都心の宿屋だと夜間は出掛けられないので、不都合です。
また、出掛けるときは個人よりかパックの方が安心はあると思います。

特に額面お気に入りでウォーターアクティビティーをされたいクライアントにはいいと思います。ydiabetesprevention.org